blog

カウンセリング~無料と有料の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセリングに限らず誰だって「有料」より「無料」のほうがいい?

「最近、気分が落ち込む」とか「何もやる気がしない」など、心に不調を感じて、カウンセリングを受けることを考えたとき、今ならネットでいろいろ調べたりするのが一般的でしょう。

そうすると、数あるカウンセリングを受けられる施設にも、大きく分けて2つのタイプがあることに気づくかもしれません。

それは、どこにするか選ぶうえで非常に重要なウエイトを占める「料金」に関することです。

それも、「高い・安い」といったレベルの違いではなく、「無料・有料」という大きな違いがあることがわかるはずです。

誰しも、「高い」より「安い」ほうがいいように、「有料」より「無料」のほうがいいに決まっています。

しかし、それだけで選ぶと、結果として「失敗した」ということになりかねないので、それぞれの違いや特徴などをよく知っておくことが大事です。

そこで、今回は、カウンセリングを無料で行なっているところと有料で行なっているところについて、それぞれ解説していくとしましょう。

無料のカウンセリングは「単発」が多い?

まず初めに、誰もが興味があるのは無料でカウンセリングを受けられるところでしょう。

無料でカウンセリングを受け付けているところには、精神保健福祉センターや男女共同参画センターなどの公的機関があります。

こうした行政サービスとして行なわれているもののほかにも、有名な「いのちの電話」などボランティアによって運営されているところがあります。

もちろん、この他にもさまざまな悩みの相談に乗ってくれる機関や団体などは数多く存在するので、相談内容に応じて選ぶといいでしょう。

無料のカウンセリングは、言うまでもなく費用が無料であることが最大のメリットと言えるでしょう。

お金のことを気にせず相談できるのは、悩みを抱えている人にとって、これほどありがたいことはないでしょう。

ただ、利用する側からすると、無料である分、「レベルが低いのでは?」とか「ちゃんと話を聞いてくれないのでは?」といった不安を抱く人もいるようです。

しかし、実際はそのようなことは決してありませんので、安心して利用してみてもいいでしょう。

また、公的機関による無料のカウンセリングは、行政サービスとして行なわれているので、そのほかの行政サービスはもちろん、医療機関や福祉施設などとの連携をとりやすいというメリットもあります。

しかし、よいことばかりではないことも忘れてはいけません。

公的機関による無料のカウンセリングの場合、対象となる人や問題の範囲が限定されてしまいます。

そのため、自分が抱えている悩みや問題に対応しているとは限らないのです。

この点の見極めがしっかりできていないと、見当違いなところに相談に行ってしまい、適切な助言を受けられなかったり、他に回されたりしてしまうことになるので注意が必要です。

仮に、自分の悩みや問題に対応していたとしても、単発(1回限り)の相談になってしまうことが多くあります。

そのため、長期にわたり継続して相談に乗ってもらうということはあまり期待しないほうがいいでしょう。

また、待合室に他の相談者がたくさんいる場合があり、相談しにくいと感じる人も少なくないようです。

有料のカウンセリングは自分自身に真剣に向き合える

公的機関が行政サービスとして行なっていたり、ボランティアで運営されているところと違い、民間団体や個人で開業している小規模のカウンセリングルームなどでは、一定額の料金が必要となります。

1回のカウンセリング料金の相場は、地域などによって幅があり、5,000円~12,000円程度でしょう。

もっとも一般的なのは、45~60分6,000円前後といったところでしょうか。

ちなみに、日本うつ病サポート協会運営のカウンセリングサロンクローバーでは、うつ病相談(4,950円/税込)、総合カウンセリング(5,500円/税込)、うつ病再発防止コース(6,600円/税込)、いずれも60~90分となっています。

1回に5,000円前後というのは決して安い料金とは言えないかもしれません。

しかし、それだけのお金を支払うからこそ、自分自身に真剣に向き合うことができると言うことができるでしょう。

もしこれがワンコイン(500円)だったとしたら、たしかに気軽に受けることができるかもしれませんが、その分、いい加減な気持ちになってしまうのではないでしょうか。

それでは、悩みや問題を解決することはいつまでたってもできないことになってしまいます。

それなら、多少、高いと感じたとしても、自分と真剣に向き合うことで、短期間で悩みや問題を解決できたほうがいいのではないでしょうか。

さらに、お金を払う以上、相手(カウンセラー)に必要以上に気を遣ったり、遠慮したりすることなく、何でも話すことができるというものです。

公的機関などの無料カウンセリングの場合、他の相談者が順番待ちをしていることがあります。

そのような状況では、カウンセラーは1人の相談者に多くの時間を取ることができにくくなりますし、相談者自身、他の人に気を遣ってしまい、話したいことを十分に話せないということもあります。

しかし、有料のカウンセリングの場合、ある意味、「お金を払って自分だけの時間を買う」わけですから、誰にも遠慮する必要はないのです。

こうしたところが、有料のカウンセリングの最大のメリットと言えるかもしれません。

また、完全個室で行われるので、静かで落ち着いた雰囲気の中、他の人のことを気にしたり、外部に話が漏れる心配をせずに、安心して何でも話すことができます。

安心して相談できる協会運営クローバーのカウンセリング

日本うつ病サポート協会運営のカウンセリングサロンクローバーで行なっている各種のカウンセリングは前述のように、いずれも有料となっています。

人によっては「高い」と感じられるかもしれませんが、全国的に見ても標準的な料金設定です。

むしろ、60~90分という時間から考えると、ほかのカウンセリングルームより長いので、しっかりと話しをすることができるため、標準よりかなり安いと言っていいでしょう。

もちろんカウンセリングルームはいずれも完全個室となっていますし、玄関から入室するまでに他の相談者と顔を合わせることもまずありません。

安心して相談ができる環境を整え、みなさんの悩みをしっかり受け止め、寄り添っていくカウンセラーがお待ちしていますので、何の心配もせずに、お気軽にお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご予約はこちら