blog

カウンセリング相談急増中! 「冬季うつ病」にご用心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋から冬へ・・・季節の変わり目が要注意

季節は秋──。

「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」など、本来であればいろいろ楽しみの多い季節ですが、現在はコロナ禍ということもあり、思うように好きなことをして楽しむことができない状況にあります。

とはいえ、秋という季節は、地域差はあるものの、比較的、過ごしやすいこともあり、四季の中でも特に「秋が好き!」と言う人が多く見られます。

しかし、その一方では、この季節に急増する「心の病」に注意が必要です。

実は、1年の中でも快適な季節とされる秋や春というのは、気分が落ち込んだり、疲労感や身体のだるさなどがあらわれ、その症状が長く続くといったように、うつ状態になる人が急増する季節でもあるのです。

1年の中でも特定の時季にのみ多く見られる「うつ」のことを、「季節性うつ病」と言います。

「季節性うつ病」のひとつ「冬季うつ病」の原因は?

「季節性うつ病」は、「季節性情動障害」や「季節性感情障害」と呼ばれるうつ病の一種です。

日照時間が短くなる10~11月に症状があらわれはじめ、日照時間が長くなる3月ごろに症状がおさまる傾向が見られます。

つまり、冬場を中心に多く見られるため、「冬季うつ病」とも呼ばれ、「ウインターブルー」の別名も持ちます。

主な症状には、気分の落ち込み、倦怠感(身体がだるい・重い)、疲労感(疲れやすい・疲れが残る)、気力の低下(やる気が出ない・何もしたくない)、イライラする、食欲不振、睡眠障害(なかなか寝つけない・途中で目が覚める・朝早くに目が覚める)といったものがあります。

「冬季うつ病」の原因は?

先に紹介した、「冬季うつ病」が急増する時季を見ればおわかりになるように、この「冬季うつ病」の発症メカニズムには、「日光」が大きく関係しています。

私たち人間が日光を浴びると、まず、目から脳に信号が伝わります。

そして、夜に体内時計を24時間にセットするホルモン「メラトニン」が分泌されます。

それにより、私たち人間が生きるうえで非常に大切な睡眠のリズムが一定に整えられるのです。

日照時間が長い夏場は、日光をたっぷりと浴びることができるので、自然に睡眠のリズムが整えられ、健康的な生活を送ることができます。

ところが、季節がうつろい、秋になると急に日照時間が短くなります。

そのため、十分な日光を浴びることができなくなり、睡眠のリズムが乱れやすくなります。

その結果として、うつになってしまう──。これが、「冬季うつ病」の発症メカニズムなのです。

こうしたことから、日照時間が短くなりはじめる10~11月から冬場を経て、日照時間が長くなりはじめる3月ごろまでの間に、うつ状態になってしまう人が多くなるのです。

「冬季うつ病」を予防する方法は?

「冬季うつ病」は、日照時間が短くなることによって、日光を浴びる量が少なくなることが原因となって発症します。

そのため、「冬季うつ病」を予防するためには、とにかく「日光を浴びる」ということに尽きるでしょう。

まず、朝、起きたら、部屋のカーテンを開けて、日光を部屋の中に入れることから始めましょう。

また、日中、屋内にいることが多い人は、休憩時間などに少しでも外に出て、全身で日光を浴びるようにするのもいいでしょう。

このように、「冬季うつ病」の予防のためには、日頃から、できるだけたくさんの日光を浴びるようにすることが大切なのです。

そして、規則正しい生活を心がけることも大事であると覚えておきましょう。

「冬季うつ病」になりやすい人はいる?

「冬季うつ病」は決して特別な病気ではないということも頭に入れておきましょう。

誰でもなってしまう可能性があるので、「自分は大丈夫」と過信し、油断しないようにしましょう。

いつもは健康的に生活できていて、うつ病と無縁の人であったとしても、注意が必要です。

仕事や人間関係などでストレスを抱えていたり、不規則な生活をしていると、「冬季うつ病」を発症するリスクが高くなります。

このように考えると、ストレスを抱えている人、溜め込みやすい人、不規則な生活をしている人などは、「冬季うつ病になりやすい」と言うことができるので、より注意が必要でしょう。

「冬季うつ病」になったらカウンセリングを

最近、気分が落ち込んだり、やる気が起きない、眠れないといった症状で悩んでいる人はいないでしょうか? それは、もしかすると、「冬季うつ病」かもしれません。

心当たりがある人は、日光を浴びるようにするのはもちろんですが、場合によってはメンタルクリニックなどの受診が必要かもしれません。

不安を感じていたり、どうすればいいかわからないといった場合や、気分を整えたい、気持ちを楽にしたいと思う場合は、ぜひともカウンセリングを考えてみてください。

心身の不調の原因がわかれば安心感も生まれますし、抱えている不安やモヤモヤした思いを話すことで、気持ちが晴れることも少なくありません。

私たちカウンセラーが、いつでもあなたのお越しをお待ちしています。

「冬季うつ病」がすでに急増中!

冒頭で「季節は秋」と書きましたが、今年も終盤の10月に入りました。

ということは、「冬季うつ病」が増加するシーズンに突入しているというわけです。

こうしたことから、すでに私たちのカウンセリングルームには、前月を大幅に上回る相談者の方が訪れています。

また、11月の予約も入りつつあり、日に日に増加傾向にあります。

どんな病気でも、早めの対応が大事です。

最近、「気分が重いな」とか「やる気が出ないな」と、いつもと違った感覚がある人は、早めにカウンセリングを受けに来られることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご予約はこちら